プロバスケットボール bjリーグ公式ブログ

プロバスケットボール「bjリーグ」。このブログではリーグ情報に加え、参戦する青森、岩手、秋田、仙台、福島、新潟、富山、長野、群馬、埼玉、東京、横浜、石川、浜松、滋賀、京都、大阪、奈良、島根、広島、高松、福岡、大分、沖縄のチーム情報を掲載しています。

bj league 青森ワッツ 岩手ビッグブルズ 秋田ノーザンハピネッツ 仙台89ERS 福島ファイヤーボンズ 新潟アルビレックスBB 富山グラウジーズ 信州ブレイブウォリアーズ 群馬クレインサンダーズ 埼玉ブロンコス 東京サンレーヴス 横浜ビー・コルセアーズ 金沢武士団 浜松・東三河フェニックス 滋賀レイクスターズ 京都ハンナリーズ 大阪エヴェッサ バンビシャス奈良 島根スサノオマジック 広島ライトニング 高松ファイブアローズ ライジング福岡 大分・愛媛ヒートデビルズ 琉球ゴールデンキングス

THE LAST SEASON オークション 第3回実施のお知らせ

オークションラストシーズンを終えたbjリーグが、最後となる第3回「THE LAST SEASON オークション」を実施いたします。リーグ、及び、所属チームのグッズなどのお宝を大放出。ラストシーズンだからこそ、bjリーグの歴史を飾る一品が勢揃いいたします。

2015年12月、2016月2月に実施いたしましたオークションでは大変ご好評をいただきました。最終回となる第3回は最後の大放出。リーグ立ち上げ時期からのグッズを中心に幅広くご用意いたしました。

ぜひbjリーグの歴史の最後を飾るオークションに参加いただけますようお願い致します。(売上の一部はチーム運営費用に還元されます)

■TKbjリーグ THE LAST SEASON オークション
★オークションページ

期間
7月4日(月)〜10日(日)22:00頃
※各商品によって終了時間が異なります。

協力:ベクトルオークション

最後のご挨拶

ありがとうございましたブースターのみなさま、2005年11月5日の開幕以来、11シーズンに渡り、本当にありがとうございました。bjリーグはこれで役割を終えますが、新しいステージに進む各チームを引き続き、ご声援下さい。

プレゼント付きクリアランスセールのお知らせ

6月30日で最終日を迎えるbjリーグ、最後のクリアランスセールのお知らせです。商品は記念切手と写真集で、それぞれにお宝グッズや、bjリーグ誕生を描いた書籍をプレゼントいたします。

★詳しくはこちらから

◆記念切手:2000円

StampStamp2


オリジナルの52円切手×10枚のシートには、河内コミッショナーのラストメッセージが記載されています。また表紙の裏側には11年間の歴史が書き込まれています。

この切手に倉庫に眠っていたbjリーグお宝グッズを付けて、限定100部の特別販売です。切手1部につき、昔のユニフォームや限定Tシャツ、ガチャなど、1点プレゼントいたします。

ユニガチャ


◆写真集「BUZZER BEATER」:1200円

14


オールカラーの写真集で永久保存版です。ファイナルズのラストセレモニーで使用した写真はこの本に掲載されています。また、全シーズンの試合記録、所属選手のリストも網羅しています。

こちらの本にはbjリーグが誕生した経緯を河内コミッショナーが綴った「意地を通せば夢は叶う」(定価1300円)をプレゼントします。この2冊でbjリーグの歴史の全てが網羅できます。

★詳しくはこちらから

書籍

【あと2日】『bj-league THE FINAL』DVDご購入者対象抽選プレゼント・キャンペーン

歴代ファイナルの映像を中心に、bjリーグ11年間の軌跡をまとめた決定盤DVD。オフィシャルオンラインショップにて、1月24日(日)発売のDVD『bj-league THE FINAL』をご購入頂いた方の中から抽選で3名様に、豪華な賞品をプレゼントさせて頂きます。まだDVDをお持ちでない方は、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

【bjDVD】Facebook(プレキャン告知)_20160527UP_2 (1)★オフィシャルオンラインショップはこちら

■賞品
iPad mini 4 Wi-Fiモデル 16GB ×1名様
▲丱好吋奪肇棔璽觀織薀鵐廖僻麈簓福法 2名様

■抽選対象ご購入期間
2016年5月27日(金)0時00分〜2016年6月30日(木)昼12時00分までにご購入頂いたお客様が抽選対象となります。
上記期間以前または以降にご購入頂いても抽選対象にはなりませんのでご注意ください。

【bjDVD】Facebook(プレキャン告知)_20160527UP_1■抽選対象商品
『bj-league THE FINAL』(DVD)
2016年1月24日(日)発売 FLKD-10001 \3,000+税

■当選者の発表/賞品の発送
厳正なる抽選を行い、当選者を決定致します。当選の発表は、賞品の発送(7月中旬予定)をもってかえさせて頂きます。尚、賞品の発送は、DVDご購入時にお届けしたご住所に送らせて頂きます。予めご了承ください。

■注意事項
・bjリーグオフィシャルオンラインショップ以外でのご購入は抽選対象外となります。
・本キャンペーンはInstagram、TwitterまたはFacebookの後援、支持、または運営によるものではありません。

優勝記念Tシャツ、納期遅延のご連絡および、お詫び

「ターキッシュ エアラインズ bjリーグ ファイナルズ 2016 優勝記念Tシャツ(琉球ゴールデンキングス)」をご購入の皆さまにお知らせです。

弊社都合により、受注販売にてご購入いただきましたチャンピオンTシャツの納期が遅れております。楽しみにしていただいている皆様にはご迷惑おかけし、誠に申し訳ございません。6月中旬に納品予定でしたが、約1週間ほど遅れる見込みです。作成次第、順次発送させていただきますので今しばらくお待ちください。

ブースターの皆様へのメッセージ

◆河内敏光(bjリーグ コミッショナー)

2005年11月5日、この有明コロシアムにてスタートしましたbjリーグも、2016年5月15日のファイナルをもって、幕を閉じました。

思えば6チームで始まったリーグは、年々チーム数を増やし、当初の目的であった都道府県の半分を超える24チームにまで拡大いたしました。これも全てご声援をいただきましたブースターの皆様、スポンサーの皆様のご支援があってのことです。誠にありがとうございました。

11年間の間には、東日本大震災によるチームの休止など、様々な困難がありました。

しかし、各地の試合会場におもむき、「私たちの県にチームを作ってくれてありがとう」「バスケットを見ることが最大の楽しみです」とブースターの皆さんからお声をかけていただき、その笑顔を見ることが我々の力の源となり、何とか11年間駆け抜けてまいることが出来ました。

bjリーグは終了し、バスケットボール界は新しいステージへと進んでまいります。

バスケットボールをスポーツ・エンターテインメントとしたい、日本代表を強くしたい、オリンピックなど国際舞台での日本人選手の活躍が見たい、といった私たちの夢も、今後も引き継がれていくことと思います。

新しいバスケットボールの発展にも皆様のお力をお貸しください。bjリーグをここまで育てていただいたブースターの皆さんの力があれば、バスケットボール界の未来は明るいと確信しております。どうぞよろしくお願い致します。

bjリーグは終わりますが、バスケット界は終わりではありません。


◆中野秀光(株式会社日本プロバスケットボールリーグ代表取締役社長)

全国のブースターの皆さん、11年間bjリーグを応援してくださいまして誠にありがとうございました。

また、物資両面に多大なご支援いただきましたターキッシュ エアラインズ様をはじめ、ご協賛ご支援いただいた企業の皆様、誠にありがとうございました。そしてリーグ発足当時から取材していただきましたメディアの皆様、多大な応援を頂き、誠にありがとうございました。

夢を与えてくださった全国24チームの代表、チーム会社のスタッフの皆さん、そして厳しい環境で真摯に夢を与えてくれた選手のみなさんこそリーグの宝物です。そして全国のレフリー、テーブルオフィシャル、ボランティアの皆さん、この場を借りて感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

そして11年間、4505試合、その会場に足をお運びいただいた、800万のブースターの皆様こそ、日本のバスケットボールの歴史を変えた主役です。みなさんこそ一番の誇りです。

そして、我らがbjリーグ。あなたは全国のたくさんの人々に夢を伝え、幸せを与えてくれました。11年間、bjリーグありがとう。さようなら。

ターキッシュ エアラインズ bjリーグ 観客数

ターキッシュ エアラインズ bjリーグ 2015-2016シーズンの観客数をご報告します。、また、bjリーグは、11年間で4,505試合を開催し、総勢8,028,429人の方々にご来場いただきました。11年間、bjリーグを支えてくださった全ての皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

■2015-2016シーズン
1試合平均:1,654人
総観客数:1,076,707人
試合数:651試合

*****

観客数推移【ターキッシュ エアラインズ 2015-2016シーズン 1試合平均観客数】

1 沖縄 3288人(30試合)
2 秋田 2855人(28試合)
3 新潟 2585人(28試合)
4 仙台 2248人(30試合)
5 富山 2115人(30試合)
6 浜松 1957人(28試合)
7 横浜 1820人(26試合)
8 大阪 1749人(26試合)
9 青森 1701人(26試合)
10 島根 1682人(28試合)
11 滋賀 1638人(26試合)
12 福島 1502人(26試合)
13 長野 1436人(26試合)
14 奈良 1388人(26試合)
15 埼玉 1313人(26試合)
16 京都 1296人(30試合)
17 岩手 1275人(26試合)
18 福岡 1257人(26試合)
19 群馬 1172人(26試合)
20 高松 939人(26試合)
21 石川 925人(26試合)
22 東京 811人(26試合)
23 大分 584人(24試合)
24 広島 322人(26試合)

リーグ主催試合(オールスター/ファイナルズ4試合)
7,906(5試合)

*****

■11年通算
4,505試合
1試合平均:1,787人
総観客数:8,028,429人

■2005-2006 ※6チーム
124試合 1試合平均:2,222人 総観客数:275,513人

■2006-2007 ※8チーム 富山・高松が加入
166試合 1試合平均:2,615人 総観客数:434,037人

■2007-2008 ※10チーム 福岡・沖縄が加入
228試合 1試合平均:2,395人 総観客数:546,140人

■2008-2009 ※12チーム 浜松・滋賀が加入
328試合 1試合平均:2,246人 総観客数:732,090人

■2009-2010 ※13チーム 京都が加入
353試合 1試合平均:1,805人 総観客数:635,429人

■2010-2011 ※16チーム 秋田・島根・宮崎が加入
386試合 1試合平均:1,596人 総観客数:614,615人

■2011-2012 ※19チーム 岩手・長野・千葉・横浜が加入。東京が休止
522試合 1試合平均:1,633人 総観客数:844,030人

■2012-2013 ※21チーム 群馬・東京が加入
572試合 1試合平均:1,588人 総観客数:902,175人

■2013-2014 ※21チーム 青森。奈良が加入。千葉と宮崎が脱退
571試合 1試合平均:1,667人 総観客数:951,612人

■2014-2015 ※22チーム 福島が加入
604試合 1試合平均:1,682人 総観客数:1,016,081人

■2015-2016 ※24チーム 石川・広島が加入
651試合 1試合平均:1,654人 総観客数:1,076,707人

ターキッシュ エアラインズ bjリーグ ファイナル、再放送のお知らせ

5月15日(日)に開催した「ターキッシュ エアラインズ bjリーグ ファイナル 2016」がBSフジにて、以下の日程で再放送されます。bjリーグとしての最後の放送になりますのでぜひご覧ください。

放送日時:5月22日(日)23:00〜25:55
放送局:BSフジ

チャンピオン記念グッズ並びにファイナルズグッズ販売

優勝記念チャンピオンキャップターキッシュ エアラインズ bjリーグ ファイナルズ 2016の優勝記念キャップ並びに記念Tシャツを受注販売いたします。

また、ファイナルズ出場チームのTシャツも販売。会場でしか販売していない限定グッズを購入できます。ぜひ、この機会にお求めください。なお、下記の商品は受注生産のためお届けは6月中旬から下旬を予定しております。

★ご購入はファイナルズ特設HPで

大会記念グッズ■優勝記念Tシャツ
価格:\4000(税込)

■優勝記念キャップ
価格:\4800(税込)

■大会記念Tシャツ
価格:\3000(税込)

■出場チームTシャツ
価格:\2800(税込)

ターキッシュ エアラインズ bjリーグ ファイナル HC・選手コメント

【5月15日(日)】

○琉球ゴールデンキングス 86-74 富山グラウジーズ●

◆伊佐勉HC(琉球ゴールデンキングス)
「シーズン最初苦しんだが、最後に4度目のチャンピオンリングを獲得出来て、とても嬉しく誇りに思う。最後プレッシャーから解放されて涙が出てきた。この11年間は今後永遠に語り継がれるもので、素晴らしい功績ですし、本当に感謝しています」

◆MVP:イバン・ラベネル選手(琉球ゴールデンキングス)
「MVPを獲得する事は予想していませんでした。本当に信じられないくらい率直に嬉しいです、でも、チームメイトが助けてくれたお陰だと思っています。このキングスというチームは素晴らしいチームだし、色々と助けられ、感謝しています」

◆喜多川修平選手(琉球ゴールデンキングス)
「優勝は何度しても嬉しいので、今日は最高の気分です。初めての有明で戦う重圧は本当にあったし、移籍して昨シーズンよりもいい成績を収めないとといけないと感じていました」

◆アンソニー・マクヘンリー選手(琉球ゴールデンキングス)
「今日のゲームは本当に疲れました。今回の4度目の優勝は一番特別なものだと感じています。沖縄から沢山のブースターが来るのは分かっていたし、有り難い気持ちでいっぱいです」

◆新城真司選手(琉球ゴールデンキングス)
「嬉しいですね、素直に。前回の優勝ではあまりチームに貢献出来なかったけど、今回は少しでも貢献出来たかなと思っています。正直苦しいシーズンでしたが、今は最高の気分です」

◆津山尚大選手(琉球ゴールデンキングス)
「本当にチャンピオンになれたのは嬉しかったです。とても苦しい時間帯があったけど、チーム一丸となって諦めずに戦って、結果が出たと思っています」

◆金城茂之選手(琉球ゴールデンキングス)
「4回目というのもあるのですけど、素直に嬉しいです。最後に勝てて、チームの目標を達成して終われたのがで、ホッとしています。良い1年で終われたと思っています」

◆岸本隆一選手(琉球ゴールデンキングス)
「僕はあまりよくなかった。スカッとする勝ち方ではなかったけれど粘り強く勝てたと思う。とにかく最高!」

◆山内盛久選手(琉球ゴールデンキングス)
「bjリーグの最後の試合を、自己最多で終われてすごくうれしい。昨日は自分のプレイが良くなかったので、今日はファーストシュートを強気で狙っていこうと思って入ったので、いい形でゲームに入れた」

◆小菅直人選手(琉球ゴールデンキングス)
優勝後のVTRを見ながら今までの11年間を振り返って、いろんな思いがこみ上げてきた。優勝できてうれしいけれど、bjリーグが終わってしまって少し寂しい気持ちがある」

*****

◆ボブ・ナッシュHC(富山グラウジーズ)
「沖縄は非常に冷静にプレイしていた、このゲームは経験の差が出たような気がする。それでも選手達は本当にハードにプレイしてくれ、誇りに思う。自分は毎年引退を掛けてコーチングしているが、この舞台を与えてくれたリーグに感謝しています」

◆城宝匡史選手(富山グラウジーズ)
「何も考えられない。悔しい気持ちが残っているが、試合は終わってしまったのでどうしようもない。このチームで1シーズン戦って、好不調あったが最後にみんな調子を上げてきて、良いチームになったと感じていた。どうしても優勝したかった」

◆水戸健史選手(富山グラウジーズ)
「悔しい思いが一番。でも、沖縄の方がいいバスケをしたというのが事実。
自分のプレイが出来なかったことを反省して、次に繋げていきたいと思う」

◆呉屋貴教選手(富山グラウジーズ)
「沖縄が相手だったこともあるし、bjリーグ最後でもあったので、だからこそ勝ちたかった。最後もう一歩だった。今思っても悔しい。今日の負けは悔しいが、あと一歩だったというのは大きな収穫だと思う」

◆田中健介選手(富山グラウジーズ)
「ベストをつくしたけれど、沖縄は最後まで崩れることがなく、向こうのチーム力が上だった。うちはずっと歯車が合わない感じだった」

◆サム・ウィラード選手(富山グラウジーズ)
「沖縄のディフェンスによって、うちがやろうとしていたことがなかなか出来なかった。2ポイントシュートの確率がいつもより低かったことが敗因」
記事検索
カテゴリー
バックナンバー
  • ライブドアブログ