2009-2010シーズン4月30日〜5月5日開催週「サークルKサンクス週間MVP」は、下記選手に決定いたしました。

岡田 優高松ファイブアローズ #9 岡田 優
(対象試合開催期間4月30日〜5月5日) 

選考理由:4日(火)、5日(水)の福岡戦において、敗れはしたものの、いずれもチームトップとなる19得点、33得点を獲得。特に5日には14本中7本の3P、7本中5本の2Pを決める高確率で、ガーデナー選手を怪我で欠くチームを引っ張った。この活躍によりシーズンの1試合平均得点は18.8点となり、リーグ史上初の日本人選手による得点ランキングTOP10入りに前進した。

※日本人選手による得点ランキングの最上位は2005-2006シーズンの清水耕介選手(埼玉)の15位(1試合平均10.5点)。平均得点での最多記録は、2007-2008シーズンの青木康平選手(東京)の、1試合平均15.81点(17位)となります。

これにより同選手には、電子マネーEdy3万円分がチャージされたサークルKサンクス「KARUWAZA CLUBカード」が贈られます。