新卒選手(大学4年生、高校3年生)を対象に、トライアウトを経ることなく契約可能とした新人選手契約制度の改定を決定いたしましたのでお知らせいたします(右図をクリックすると拡大表示されます)。

flow【新人選手契約制度改定】
本制度は、2011-2012シーズンより適用となります。

1.交渉選手名簿登録
bjリーグ所属チームは、
(1)全日本大学バスケットボール連盟に登録されていて、かつ最終学年である者、または、
(2)財団法人全国高等学校体育連盟バスケットボール部に登録されていて、かつ最終学年である者
について、交渉選手登録名簿に登録することにより、選手契約の交渉を行うことができます。

※交渉状況により、チームは交渉対象選手を(1)、(2)を合わせ、2度まで変更することが出来ます。
※(2)の選手は、交渉選手登録名簿に登録の際には、プロ志望届けの提出が必要となります。
※交渉選手名簿登録は、1チームにつき、(1)の選手を1名、(2)の選手を1名、計2名を登録することが出来ますが、契約可能な選手は1チームにつき1名となります。

2.契約形態
契約成立した場合の契約形態は以下の3種類となります。

(1)契約時期:オールジャパン終了後 【アーリーエントリー可能】
契約期間:最終学年所属年2月1日〜翌年6月30日
*(2012年2月1日〜2013年6月30日)

(2)契約時期:大学または高校卒業後 【アーリーエントリー不可】
契約期間:卒業後4月1日〜翌年6月30日
*(2012年4月1日〜2013年6月30日)

(3)契約時期:シーズン終了後 【アーリーエントリー不可】
契約期間:卒業後7月1日〜翌年6月30日
*(2012年4月1日〜2013年6月30日)

*2011-2012シーズンの場合 

※アーリーエントリーとは、2月1日以降の当該シーズンの試合に出場可能となる制度です。
※全ての契約形態は、契約凍結期間期日(2011-2012シーズンは2月2日正午)までに契約締結をしなくてはなりません。
※(1)の契約での、最終学年所属年2月1日〜6月30日のサラリー、(2)の契約での卒業年4月1日〜6月30日のサラリーは、サラリーキャップの対象外となります。
※卒業後の7月1日から翌年6月30日までの対象選手との契約は、全ての契約形態においてA契約(基本報酬300万円以上)を結ばなければなりません。
※交渉選手名簿登録を経て、契約に至った選手は、ドラフトの対象外となります。

なお、交渉選手名簿登録を経て、契約に至った選手以外は、従来通り、合同トライアウトに参加した選手とのみ、チームは選手契約を締結できることとなります。合同トライアウトの日程、方式に関しましては別途、後日発表させていただきます。