bjリーグでは、規律委員会で協議の上、コミッショナーにより以下の選手の処分を裁決致しましたので、ご報告致します。

処分選手:レジー・オコーサ(岩手ビッグブルズ)
処分内容: 1試合の出場停止、罰金
出場停止試合:2013年3月24日(日)開催
bjリーグ2012-2103 公式戦
岩手ビッグブルズvs. 大分ヒートデビルズ(二戸市総合スポーツセンター )

処分理由: 2013年3月23日(土)に開催された岩手ビッグブルズ vs. 大分ヒートデビルズ戦の第4Q 9:08に、1回のテクニカルファウルにより即失格・退場処分を宣せられたため。これは、「暴力行為やスポーツマンらしくない行為で失格・退場を宣せられた者」に該当するため、ルールブック「Art 34.罰金と出場停止」に基づき、最低1ゲームの出場停止となっていたものです。その後、出場停止期限や罰金について規律委員会で協議の上、上記内容にてコミッショナーにより裁決されました。

【Art 34. 罰金と出場停止】
1. 暴力行為やスポーツマンらしくない行為で失格・退場を宣せられた者は、そのレベルにより出場停止と罰金が科される。

※ 罰金は、通常のテクニカルファウルやフレグラントファウルに科される罰金とは異なり、規律委員会として追加で科す罰金となります。