--------------------------------------------------------
2014年3月8日(土)秋田ノーザンハピネッツ vs.新潟アルビレックスBB
第1Q残り6分39秒頃の暴力行為 について
--------------------------------------------------------

今回 、このような事態が起きたことを大変遺憾に思います。選手には全てのバスケットボールプレイヤーの手本となるような品位を持って試合に臨むよう勤めて欲しいと思います。また、理由のいかんを問わず、暴力行為は絶対に許されるものではなく我々の考えるエキサイティングゲームとはかけ離れたものです。今後もbjリーグはいかなる暴力行為に対しても強い姿勢で臨んでいきます。

bjリーグ コミッショナー 河内敏光

--------------------------------------------------------

規律委員会で協議の上、コミッショナーにより以下の選手の処分を裁決しましたのでご報告いたします。チェイス・マクファーランド選手に対して規律委員会として追加で科す罰則はございません。

◆処分選手:ロドニー・ウェブ(新潟アルビレックスBB)

処分内容:bjリーグ 2013-2014 シーズン残り全ての公式戦(プレイオフ含む)の出場停止、罰金

処分理由:2014年3月8日(土) に開催された秋田ノーザンハピネッツ vs. 新潟アルビレックスBB戦の第1Q 残り6:39に、暴力行為により一回のテクニカル・ファウルにより、即失格・退場処分を宣せられたため。本件はルールブック「Art34. 罰金と出場停止」に基づき、最低1ゲームの出場停止となっておりましたが、その後、出場停止期限や罰金について規律委員会で協議の上、上記内容にて裁決されました。

◆処分選手:チェイス・マクファーランド(秋田ノーザンハピネッツ)

処分内容:1試合の出場停止、罰金
出場停止試合:2014年3月9日(日)開催
bjリーグ 2013-2014シーズン公式戦
秋田ノーザンハピネッツvs. 新潟アルビレックスBB(秋田市立体育館)
 
処分理由:2014年3月8日(土) に開催された秋田ノーザンハピネッツ vs. 新潟アルビレックスBB戦の第1Q 残り6:39に一回のテクニカル・ファウルにより、即失格・退場処分を宣せられたため。本件はルールブック「Art34. 罰金と出場停止」に基づき、最低1ゲームの出場停止となっておりましたが、その後、出場停止期限や罰金について規律委員会で協議の上、上記内容にて裁決されました。

≪参考≫ 【Art. 34 罰金と出場停止】
3.  1回のテクニカル・ファウルによる失格・退場を宣せられた者や、フレグラント・ファウル・ペナルティ2を宣せられた者には1ゲームの出場停止と10,000円の罰金が科される。さらに規律委員会が開催され、規律委員会で追加の出場停止や罰金が科される