bjリーグでは、全チームがプロチーム形態である「統一プロリーグ」であることを前提として話し合いに参加しました。企業チーム形態が参画できるリーグはプロリーグとは言えず、話し合いに参加する前提が覆ってしまいます。

我々がこだわりを持って、話をしているのは「プロ」という部分であり、リーグ、チーム共にファン、ブースター、地域に向けた経営をし、バスケットボールを産業としていくことが必要であると考えております。

「統一プロリーグ」に参加するプロチームの参画条件に関しましては、話し合いが始まったばかりであり、これから詰めていくところではございますが、2014-2015シーズンには10シーズン目を迎えるプロバスケットボールリーグとして、「プロ」としての経験と実践を活かして、その点にこだわって話し合いに臨んでまいりたいと思います。

また、bjリーグ、NBL、NBDLの全チームが統合された場合、どういうリーグ構造になるかはこれからの話し合いで詰めていきたいと考えております。

引き続き、ご支援、ご声援いただけますよう、よろしくお願いいたします。