トーナメント4カードが行われ、岩手、浜松が連勝でカンファレンス ファイナル進出を決めました。また、秋田と滋賀は最終決定戦の末に有明行きを決めました。

◆カンファレンス セミファイナル第2戦
○秋田 82-63 新潟●
○岩手 111-57 青森●
○京都 81-73 滋賀●
●沖縄 63-70 浜松○

◆カンファレンス セミファイナル最終決定戦
○秋田 19-18 新潟●
●京都 20-25 滋賀○

この結果、5月23日(土)有明コロシアムで行われるターキッシュ エアラインズ bjリーグ カンファレンス ファイナルは以下の組み合せとなりました。

◆5月23日(土)

13:10 ウェスタン・カンファレンス ファイナル
浜松・東三河フェニックス(3位) vs. 滋賀レイクスターズ(4位)

17:10 イースタン・カンファレンス ファイナル
秋田ノーザンハピネッツ(1位) vs. 岩手ビッグブルズ(2位)

*****

●平岡富士貴HC(新潟アルビレックスBB)
「チームに関わって頂いたすべての方に感謝したいと思います。これでシーズンは終わってしまったが、いいチームだった。今後はそれぞれが、それぞれの道で日本一を目指して欲しい」

○長谷川誠HC(秋田ノーザンハピネッツ)
「あきらめない気持ちが勝利につながったと思う。リバウンドから走るという自分たちのバスケットを継続できた。有明でも秋田ブースターとともに戦っていきたい」

●棟方公寿HC(青森ワッツ)
「負けるにしても大敗になったのは私の責任。昨日のゲームから切替させなきゃいけなかった。戦う姿勢がなってなかった。今シーズンこういう終わり方したが、チームは確実に成長した。多くのブースターにも感謝したい」

○桶谷大HC(岩手ビッグブルズ)
「出だしからゲームプラン通りいいディフェンスができていた。攻撃ではやるべきことをやって40分間走り続けてくれた。100点満点に近いプレイをしてくれた。有明まで1週空くので、自分たちのバスケットをすることと、ケガ人を出さないように準備したい」

●浜口炎HC(京都ハンナリーズ)
「2ゲーム+最終決定戦をとてもハードに戦ったよいゲームだったと思います。今シーズン、ともに戦ったブースターのみなさんに感謝しています。ありがとうございました」

○遠山向人HC(滋賀レイクスターズ)
「レイクスブースターのみなさんの、6年越しの夢を叶えることができてうれしい。ヘッドコーチ人生の中で1番苦労した大変なシーズンでしたが、最後にチームが仕上がって結果を出すことができた。有明でもみなさんを感動させられる試合をしたいと思う」

●伊佐勉HC(琉球ゴールデンキングス)
「今シーズン52試合、一生懸命プレーしてくれた。昨日、今日と浜松の素晴らしいバスケットに対抗できなかった。1年間どんな時も声援を送り続けていただいた、ファンの皆様に感謝しています。」

○東野智弥HC(浜松・東三河フェニックス)
「キングスのバスケットに敬意を払いたい。選手達が我慢強く40分間戦い続けた。キングスの分まで有明で戦いたい。」

★ファイナルズ チケット情報l