規律委員会で協議の上、コミッショナーにより以下のコーチの処分を裁決しましたのでご報告いたします。

処分コーチ:浜口 炎(京都ハンナリーズ)

◆処分内容:1試合の出場停止、罰金
◆出場停止試合:
2016年2月20日(土)開催 ターキッシュ エアラインズ bjリーグ 2015-2016 シーズン公式戦
京都ハンナリーズ vs. 滋賀レイクスターズ(山城総合運動公園体育館)

◆処分理由:2016 年2月14日(日)に開催されたライジング福岡 vs. 京都ハンナリーズ戦(アクシオン福岡)の第4Q残り0:29頃に、1回のテクニカル・ファウルにより即失格・退場処分を宣せられたため。本件はルールブック「Art34.罰金と出場停止」に基づき、最低1ゲームの出場停止となっておりましたが、その後、出場停止期限や罰金について規律委員会で協議の上、上記内容にて裁決されました。

《参考》【Art. 34 罰金と出場停止】
3. 1回のテクニカル・ファウルによる失格・退場を宣せられた者や、フレグラント・ファウル・ペナルティ2を宣せられた者には1ゲームの出場停止と\10,000 の罰金が科される。さらに規律委員会が開催され、規律委員会で追加の出場停止や罰金が科される。