プロバスケットボール bjリーグ公式ブログ

プロバスケットボール「bjリーグ」。このブログではリーグ情報に加え、参戦する青森、岩手、秋田、仙台、福島、新潟、富山、長野、群馬、埼玉、東京、横浜、石川、浜松、滋賀、京都、大阪、奈良、島根、広島、高松、福岡、大分、沖縄のチーム情報を掲載しています。

bj league 青森ワッツ 岩手ビッグブルズ 秋田ノーザンハピネッツ 仙台89ERS 福島ファイヤーボンズ 新潟アルビレックスBB 富山グラウジーズ 信州ブレイブウォリアーズ 群馬クレインサンダーズ 埼玉ブロンコス 東京サンレーヴス 横浜ビー・コルセアーズ 金沢武士団 浜松・東三河フェニックス 滋賀レイクスターズ 京都ハンナリーズ 大阪エヴェッサ バンビシャス奈良 島根スサノオマジック 広島ライトニング 高松ファイブアローズ ライジング福岡 大分・愛媛ヒートデビルズ 琉球ゴールデンキングス

【2013-2014シーズン】

ターキッシュ エアラインズ bjリーグ 4月11日(土)の試合結果

イースタンのプレイオフ争いは8位・福島と9位・群馬がゲーム差なしです。ウェスタン首位の京都、4位の滋賀、5位の大阪が勝ちました。

本日の試合結果により、岩手、秋田のプレイオフホーム開催(カンファレンス4位以内)、滋賀のプレイオフホーム開催(カンファレンス4位以内)が決定しました。

◆4月11日(土)
●大分 76-80 滋賀○
●長野 64-93 新潟○
○京都 96-69 島根●
●青森 73-90 秋田○
○岩手 112-72 埼玉●
○福島 74-69 東京●
●富山 78-86 仙台○
○群馬 75-57 横浜●
○大阪 75-71 高松●

◆4月10日(金)
●大分 68−87 滋賀○

●河合竜児HC(信州ブレイブウォリアーズ)
「出足こそ闘志を持って臨めたが、途中離され始めて、闘志が見えなくなった。勝つんだ、倒すんだ、というオーラが見えなくなり、残念だった。ただ、後半で点差がついてから吹っ切れて日本人がいい動きをした。明日はホーム最終戦なので、切り替えて臨みたい」

○藤田弘輝HC(福島ファイヤーボンズ)
「バイウィークでの準備が悪かったため、第1Qでフワッと入ってしまった。学んで次に繋げたい。ブースターの後押しがあって今日勝ちきる事ができた。明日は1Qからチームでエクスキュートしたい」

●棟方公寿HC(青森ワッツ)
「多くの青森ブースターが来ている中で、諦めていないことを証明しなければと思い、起爆剤となる下山大地選手を投入した。彼は非常に頑張ってくれた。明日も結果を残した選手を使い、我々の目指す走るバスケットをしたい」

○チャーリー・パーカーHC(群馬クレインサンダーズ)
「すごくハードにプレイして、ディフェンスも良かったし、アグレッシブで良かった。このゲームはどれだけプレイオフに行きたいか、という気持ちが表れていて、すごく大きな勝利だった」

○浜口炎HC(京都ハンナリーズ)
「チーム全体としてよい緊張感をもってゲームに臨むことができました。相手の特徴をしっかり捉えながらチームディフェンスができたと思います。オフェンスリバウンドを飛び込まれてしまいましたので、明日もう一度ファイトしたいと思います」

◆試合日程と結果
◆順位表
◆個人ランキング


◆4月12日(日)
13:00 富山 vs. 仙台 富山県総合体育センター
13:30 福島 vs. 東京 いわき市立総合体育館
14:00 青森 vs. 秋田 マエダアリーナ
14:00 岩手 vs. 埼玉 花巻市総合体育館
14:00 長野 vs. 新潟 長野運動公園総合体育館
14:00 群馬 vs. 横浜 高崎市浜川体育館
14:00 京都 vs. 島根 舞鶴文化公園体育館
14:00 大阪 vs. 高松 大阪府立体育会館


◆各チームのチケット情報はこちらから
◆PC、タブレット、スマホでの「試合速報」「動画」は、「bjリーグ公式動画サイト bjtv」でどうぞ。
◆携帯電話での「試合速報」「コラム」は「bjリーグ公式携帯サイト」をご覧下さい。

*****

★bjリーグ公式LINE@
友だち追加

★bjリーグ公式Twitter
★bjリーグFacebookページ

ターキッシュ エアラインズ bjリーグ 11月22日(土)の試合結果

注目の秋田vs.沖縄は秋田を66点に抑えた沖縄が勝利。秋田の連勝は11でストップ。逆に沖縄は5連勝です。東京は連敗を9で止めましたが、敗れた群馬は2勝目が遠い状況。埼玉も開幕から11連敗と苦戦しています。

◆11月22日(土)
●島根 68−78 富山○
○青森 83−78 福岡●
○岩手 100−55 横浜●
●秋田 66−79 沖縄○
○仙台 85−82 大分●
●埼玉 81−91 浜松○
○東京 92−75 群馬●
○京都 81−71 新潟●
○大阪 83−70 福島●
●奈良 82−97 長野○
●高松 74−82 滋賀○

○桶谷大HC(岩手ビッグブルズ)
「終始、選手がそれぞれハッスルしていた。ボールを持ちすぎずに、ねらいすぎない、一番いいアグレッシブな状態でバスケをしていた。気持ちの方でもいい準備をしてくれていた」

○河内修斗HC(仙台89ERS)
「選手全員が強さを発揮してくれた試合だった。選手の退団、怪我もあり、外国籍選手2人で戦うことになったが、それを言い訳にする選手は誰一人いなかった。ミスマッチの部分も、菊池がいるので心配せずに試合に入ることができた」

○青木幹典HC(東京サンレーヴス)
「長い連敗を止めることができて、選手が本当によくやってくれたと思います。トンネルは抜けましたが、借金を返していかなければならないので、明日も是非勝ちに行きたいと思います」

○河合竜児HC(信州ブレイブウォリアーズ)
「デボーン・ワシントンが新加入して初めての試合、オフェンスでの新しいリズムに、チームが戸惑うことも予想していたが生まれ変わっていく長野にとって、好材料がたくさんあった」

○伊佐勉HC(琉球ゴールデンキングス)
「今日は爆発力のある秋田のオフェンスを抑え、自分たちのバスケットを展開できた。明日はそう簡単にいくとは思っていない。秋田のバスケットをさせないようにしっかりと準備、確認して臨みたい」

◆11月23日(日)
13:00 島根 vs. 富山 松江市総合体育館
13:00 高松 vs. 滋賀 高松市総合体育館
※ケーブルメディア四国で生中継
14:00 青森 vs. 福岡 マエダアリーナ
14:00 岩手 vs. 横浜 滝沢総合公園体育館
14:00 仙台 vs. 大分 仙台市青葉体育館
14:00 埼玉 vs. 浜松 所沢市民体育館
14:00 東京 vs. 群馬 武蔵野総合体育館
14:00 大阪 vs. 福島 住吉スポーツセンター
14:00 奈良 vs. 長野 大和郡山市総合公園体育館
14:00 秋田 vs. 沖縄 秋田県立体育館
※NHK秋田で生中継
16:00 京都 vs. 新潟 ハンナリーズアリーナ


◆各チームのチケット情報はこちらから
◆試合日程と結果
◆順位表
◆個人ランキング

*****

★bjリーグ公式LINE@
友だち追加

★bjリーグ公式Twitter
★bjリーグFacebookページ

◆PC、タブレット、スマホでの「試合速報」「動画」は、「bjリーグ公式動画サイト bjtv」でどうぞ。
◆携帯電話での「試合速報」「コラム」は「bjリーグ公式携帯サイト」をご覧下さい。

ファイナル後のHC&選手コメント

【琉球ゴールデンキングス】

◆伊佐勉HC
「今日はありがとうございました。選手ががんばってくれて優勝できたと思う。そして秋田さんとファイナルを戦えて、とてもうれしかった。私は1年目のペーペーのヘッドコーチなので、今日は最後まで攻めて攻めて、失敗しても攻め上げようと決めて戦いに臨んだのが良かったと思う。

◆MVP:岸本隆一選手
「今日は立ち上がりを大事に、積極的にいこうと選手同士ではなしあって試合に臨んだ。自分自身も、昨日よりも思い切ってアタックできたと思うし、味方の選手もパスをくれたので、それを入れただけのこと。チームで40分間戦う事ができたと思う」

◆並里成選手
「秋田のブースターは凄い迫力で、アウェイのように感じた。でも反対にそれを楽しもうと思って、昨日よりも強い気持ちでコートに立った。有明の舞台は最高だった」

◆アンソニー・マクヘンリー選手
「今季は波はあったが、こうして課題と使命を果たせて誇りに思う。(ブースターに)君たちのためにがんばって、チャンピオンシップを獲得したよ。帰ったら、熱く歓迎してほしい」

◆ドゥレイロン・バーンズ選手
「(横浜に続き2年連続優勝)まだ実感がわかなくて、2日くらいしたら実感がわいてくると思う(笑)。チームメイトの普段通りのプレイがこの結果につながったと思う」

◆山内盛久選手
「優勝して最高だが、自分の力を十分発揮できなかったので、悔しい気持ちもある。もっとルーズボールに食らいつけたら良かったと思うし、ハッスルが足りなかった。でも勝てて良かった。また来シーズンここに戻ってきたい」

◆ギブエ・トリム選手
「今日はチーム全員が全力で戦った。そして自分達のテンポに持っていくことができた。今日はリストバンドに母のイニシャルを書いて、母の為にも全力を尽くそうと試合に臨んだ」

◆ジェフ・ニュートン選手
「正直、今の気持ちを言葉で表すことはできない。この素晴らしいチームの一員になれたことはとても幸運だと思う。そして、ブースター抜きにはこの結果を得ることができなかった。皆さん最高です!」

【秋田ノーザンハピネッツ】

◆中村和雄HC
「岸本があんなにやるとは思わなかった。昨日の試合をベースに考えていたので、全くノーマークだった。勝利の女神は岸本に輝いたと思う。沖縄は、岸本、アンソニー、バーンズが凄かった。バーンズを秋田に残しておけば…。彼の活躍をみて、なんとも言えない気持ちだった。また、今日は富樫が痙攣を起こしたのが計算違いだった。

秋田にきて3年でよくぞここまでのチームになったとうれしく思うし、誇りでもある。熱狂的なブースターが最後まで声援を送ってくれた。そしてそういう状態を作れたことも非常にうれしく思う。今まで選手と一緒にお酒を飲んだことがないので、今日は初めて選手と一緒にお酒を飲みたいと思っているし、今までのことを一緒に語り合いたい」

◆富樫勇樹選手
「3Qで思い通りのプレイができなかった。期待にこたえようと精一杯プレイしたが、こういう結果になってとても残念。秋田はとてもコミュニケーションがとれていて凄くいいチームだった。このチームでプレイできて本当に良かった。だからこそ、このチームで優勝したかった。この悔しさをバネにしてこれからも挑戦していきたいと思う」

◆田口成浩選手
「有明まで勝ち上がったというプライドを持ちつつ、チャレンジャーとしての気持ちも忘れずプレイした。沖縄が優勝した瞬間を、自分達が次に達成するまで絶対に忘れないよう目に焼き付けた」

◆大塚裕土選手
「相手の14番を乗せてしまったことが、そのまま点数の差になってしまった。秋田に来て勝つチームのプレッシャーの中でバスケットをすることができたのは財産になった」

◆リチャード・ロビー選手
「どんなプレイをしても最後は結果が全てだと思う。ただ秋田のスタッフ、チームメイトとプレイできたことは楽しかったので、良いシーズンを送ることができた」

◆チェイス・マクフェファーランド選手
「(中村HCについて)非常に完璧主義の監督であり、その教えの全てが自分の為になるものであった。(秋田ブースターについて)ベストブースター賞に値する、素晴らしいブースターだと思う」

◆ルーベン・ボイキン選手
「沖縄より劣った部分があったので負けたのだと思う。(中村HCに学んだこと)練習でしっかりとシューティングをして、試合で自分のシュートを信じるということだと思う」

3位決定戦後のHC&選手コメント

【富山グラウジーズ】

◆ボブ・ナッシュHC
「昨日の敗戦からしっかり立ち直ってプレイした選手のことを誇りに思う。今日は選手がシーズンどおりの戦いをできたことをスタッツが証明している。ディフェンスに関しては素晴らしかった。有明でチームとして初めて勝利をとったことは喜ばしい。優勝はできなかったが、3位という結果には満足している」

◆藤江建典選手
「昨日は本当に悔しかったので今日は絶対勝とうという思いで、気持ちを前面に出した。選手同士も「勝って終わろう」と言って試合に臨んだので、負ける気はしなかった」

◆水戸健史選手
「昨日は有明で初めてプレーして緊張していないつもりが、どこか力が入っていたと思う。富山から駆け付けてくれたブースターの方に、最後に勝ち試合をみせることができたのは良かった」

◆城宝匡史選手
「3位決定戦ということで、会場に来るまで正直モチベーションが上がらなかった。でも沢山の富山ブースターの方が応援に来てくれているのを見て、みんなを喜ばせたいという気持ちが湧いてきて、純粋にバスケを楽しむ事ができた。試合後には、応援してくれるブースターの皆さんに直接ありがとうといいたくて、スタンドに真っ先に感謝を伝えに行きました」

【京都ハンナリーズ】

◆浜口炎HC
「今日は京都らしいバスケをしよう、と選手皆で確認して試合に臨みました。ゲームには勝つことができませんでしたが、後半は京都らいいバスケができたと思います」

◆岡田優選手
「有明で勝つことができず、去年よりも順位を落としてしまい、ブースターの皆さんに申し訳ない。この2日間は積極的にプレーしていたようで、強引なプレーもあり、冷静にシュートを狙うことができなかった」

◆綿貫瞬選手
「優勝目指してやってきましたが、結果がこういう形となりとても悔しい。今日は単純に勝ちたかった…。有明は特別な場所であり、とてもいい経験ができた。来年もこの場所に来れるようにがんばりたい」

◆エドウィン・ユービレス選手
「この2日間はチームとしてやりたいことができなかった。でも、今日は下を向かずにプレーできたことは良かったと思う」

bjリーグ ファイナルズ2日目の結果とヘッドコーチのコメント

bjリーグの2013-2014シーズン王者を決める対戦は満員札止め。1万0026人が有明コロシアムを埋める中、沖縄が秋田に勝ち、2年ぶり3度目の優勝となりました。なお、プレイオフMVPは沖縄・岸本隆一選手が受賞しています。また、3位決定戦では富山が京都を降しました。

◆5月25日(日)
3位決定戦 :○富山 84-62 京都●
ファイナル:●秋田 89-103 沖縄

○伊佐勉HC(琉球ゴールデンキングス)
「今日はありがとうございました。選手が頑張ってくれて優勝できたと思う。そして秋田さんとファイナルを戦えて、とても嬉しかった。私は1年目のペーペーのヘッドコーチなので、今日は最後まで攻めて攻めて、失敗しても攻め上げようと決めて戦いに臨んだのが良かったと思う。

(MVPの岸本について)昨日はまさかの0点で、調子が上がらなかったが、彼は非常に心が強い子だと思っていたので、今日は全然心配していなかった。(MVPは)彼の実力だと思う。あっぱれです」

○プレイオフMVP:岸本隆一(琉球ゴールデンキングス)
「今日は立ち上がりを大事に、積極的にいこうと選手同士ではなしあって試合に臨んだ。自分自身も、昨日よりも思い切ってアタック出来たと思うし、味方の選手もパスをくれたので、それを入れただけのこと。

チームで40分間戦う事が出来たと思う。今季は与那嶺選手などが抜けたことで、「キングス大丈夫か」という声も耳に入ってきた。だからこそ、優勝することに大きな意味があると思ってたし、心配する声に対して絶対見返してやるぞと思っていた。優勝した時は、「どうだ」という気持ちになった」

●中村和雄HC(秋田ノーザンハピネッツ)
「岸本があんなにやるとは思わなかった。昨日の試合をベースに考えていたので、全くノーマークだった。勝利の女神は岸本に輝いたと思う。沖縄は岸本、アンソニー、バーンズが凄かった。バーンズを秋田に残しておけば…。彼の活躍を見て、なんとも言えない気持ちだった。また、今日は富樫が痙攣を起こしたのが計算違いだった。

秋田にきて3年でよくぞここまでのチームになったと嬉しく思うし、誇りでもある。熱狂的なブースターが最後まで声援を送ってくれた。そしてそういう状態を作れたことも非常に嬉しく思う。今まで選手と一緒にお酒を飲んだことがないので、今日は初めて選手と一緒にお酒を飲みたいと思っているし、今までのことを一緒に語り合いたい」

○ボブ・ナッシュHC(富山グラウジーズ)
「昨日の敗戦からしっかり立ち直ってプレーをした選手のことを誇りに思う。今日は選手がシーズン通りの戦いができたことをスタッツが証明している。またディフェンスに関してはとても素晴らしかったと思う。ボールを動かし、有明でチームとして初めて勝利をとったことは喜ばしいことだ。優勝は出来なかったが、3位という結果には満足している」

●浜口炎HC(京都ハンナリーズ)
「今日は京都らしいバスケをしよう」と選手みんなで確認して試合に臨みました。ゲームには勝つことが出来ませんでしたが、後半は京都らしい、いいバスケが出来たと思います」

*****

★今シーズンもbjリーグにご声援頂き、誠にありがとうございました。来シーズンもよろしくお願いいたします。

bjリーグ ファイナルズ試合結果とヘッドコーチのコメント

bjリーグの王者を決める「ECC presents bjリーグ 2013-2014シーズン プレイオフ ファイナルズ」。この日はカンファレンス ファイナルが行われた。イースタンは3位の秋田が、1位の富山に勝利。ウェスタンは1位の沖縄が2位の京都を降し、ファイナルに進出した。

◆5月24日(土) 試合結果
●富山 94−109 秋田○
○沖縄 74−56 京都●

●ボブ・ナッシュHC(富山グラウジーズ)
「秋田は素晴らしい勝ちにふさわしいチームであり、今日の戦いに称賛を送りたい。また、うちのチームも最後まで諦めずプレイしたことについても選手を称えたい。富樫とロビー選手が、アグレッシブに素晴らしいプレイをしたのが、秋田に勝利を呼び込んだと思う。明日はタフな戦いになると思うので、今日はゆっくり休んでベストの戦いを出来るように備えたい」

○中村和雄HC(秋田ノーザンハピネッツ)
「正直言って、今日は富樫と城宝の争いだろうと思っていた。富樫についてはオールスター同様、こういう大舞台で活躍したことが非常に嬉しい。正直、ブースターの応援を感じている余裕はなかった。今日はとても疲れました。明日の対戦相手、京都と沖縄については全く分からない。これから試合を見て判断したい」

○沖縄・伊佐勉HC(琉球ゴールデンキングス)
「自分達がやろうとしていることは、1Qが始まった時点で間違いじゃないと確信した。全体の6割ぐらいしか出来なかったが、残りの4割は選手の絶対負けない、という気持ちが勝ちにつながったと思う。レギュラーシーズンと違う緊張感があったが、思ったよりは冷静にコーチングしたと思う。ファイナルで負けては何も意味がないので、明日は必ず勝てるようにファイトしたい」

●浜口炎HC(京都ハンナリーズ)
「京都ペースの時間帯もあり、いい流れもありましたが、大半が沖縄ペースになってしまいました。明日はもう1試合あるので、普段通りの自分達のプレーをしたいと思います」

◆5月25日(日)
3位決定戦 :13:10 富山 vs. 京都 有明コロシアム
ファイナル:17:10 秋田 vs. 沖縄 有明コロシアム

(C)AFLO SPORT/bj-league

bjリーグ ファイナルズ前日記者会見

※記者会見は下記のサイトで動画でご覧いただけます。

◆河内コミッショナー
「本日はお忙しい中、たくさんのメディアの皆様にお越しいただき、ありがとうございます。激しい戦いを制して有明に辿り着いた4チームが、素晴らしい試合をしてくれると思います」

◆秋田・中村HC「富山はハートを持ったチームだが、いいゲームを有明で見せたい。普段バスケットを見ない人も来ると思うので、bjリーグのバスケットはすごいな、というところを見せたい」

◆富山・ナッシュHC
「秋田はリーグで一番、3Pのいいチームだが、富山はチームとして戦っていきたい。初めて有明に来たので、今週末はいい結果を残せるようがんばりたい」

◆京都・浜口HC
「沖縄はリーグで一番安定したチーム。タフなゲームになると思う。滋賀戦から1週間空いたので、ケガ人も戻っていい状態で迎えられる」

◆沖縄・伊佐HC
「京都はチーム一丸となって、やりたいバスケットを遂行しているチーム。状態は万全ではないが、明日の6時に一番いい状態で試合できるようにしたい」

bjリーグ ファイナルズ、テレビ放送スケジュール

5月24日、25日の日程で開催します、「ECC presents bjリーグ 2013-2014シーズン プレイオフ ファイナルズ」のテレビ放送スケジュールをお知らせいたします。

【BSフジ】

・5月24日(土)15:00〜17:30(ディレイ放送)
「イースタン・カンファレンス ファイナル」
富山グラウジーズ vs. 秋田ノーザンハピネッツ

・5月24日(土)18:00〜20:55
「ウェスタン・カンファレンス ファイナル」
琉球ゴールデンキングス vs. 京都ハンナリーズ

・5月25日(日)17:00〜19:55
「ファイナル」

【インターネット放送 bjTV】
http://www.basketballjapantv.com/

・全試合ライブ配信(試合開始1時間前から試合終了まで)
※VOD配信は、試合開始から試合終了までとなります。

ECC presents bjリーグ ファイナルズ協賛企業決定

株式会社日本プロバスケットボールリーグでは、「ECC presents bjリーグ 2013-2014シーズン プレイオフ ファイナルズ」の協賛社に下記企業が決定致しましたので、お知らせします。

旭化成株式会社(東京都千代田区)
社長執行役員 浅野敏雄

BOAT RACE振興会(東京都港区)
会長 小盍翰

HEROZ株式会社(東京都港区)
代表取締役 林 隆弘/高橋 知裕

アイリスオーヤマ株式会社(宮城県仙台市)
代表取締役社長 大山健太郎

株式会社ダイナム(東京都荒川区)
代表取締役 佐藤公平

ファイナルのコート上でスキルアップテスト開催、参加者募集

スキルアップ株式会社サーティファイと共同開発した「bjリーグスキルアップテスト」を5月24日(土)、25日(日)に有明コロシアムで行われる「ECC presents bjリーグ2013-2014シーズン プレイオフ ファイナルズ」の優勝を決めるコートで公開テストとして実施することになりました。

「スキルアップテスト」はバスケットの基本技能を1級から15級までの難易度別に分類した実技テストです。これまではbjリーグ公認スクールに加入している方しか受けられませんでしたが、今回は一般の方でも受験することが可能です。

バスケットに興味がある小中学生、自分のスキルを試したい小中学生は是非、ご参加ください。ご参加いただいた受験者には、24日(土)カンファレンス ファイナルの自由席観戦チケットをプレゼントいたします。

【bjリーグスキルアップテスト概要】
バスケットボールの基本技能である「ボールハンドリング」、「ドリブル」、「シュート」を全110項目からなるスキル要件として整理するとともに、これを1級から15級までの難易度別に分類し、段階的にスキル到達度を測定できる実技テストとなっています。

★スキルアップテストHP

*****

【公開スキルアップテスト 開催概要】

開催日:5月24日(土)
時間:12:15〜12:45
※イースタン・カンファレンス ファイナルの試合前

場所:有明コロシアム(〒135-0063 東京都江東区有明2丁目2-22)
交通:ゆりかもめ「有明」、りんかい線「国際展示場」徒歩5分
※東京駅から約30分、羽田空港から約45分、成田空港から約1時間30分

対象:小学生、中学生の男女

試験内容:3級、または12級(いずれか1つを選択してください)
※試験内容は以下の映像をご参考ください

★12級動画
★1級から15級までの試験内容

定員:各級、先着15名ずつ
参加料:2,000円(税込)
※試合観戦チケット1枚付き ※24日(土)2・3階自由席
※チケットは当日の観戦のみ有効な受験者用のものです。追加料金でのチケットのアップグレードが可能です。
※会場までの往復交通費はご負担ください。

服装:バスケットボールが出来る服装、バスケシューズ(室内履き)のご用意をお願いいたします。
使用球:7号球
※5号球(小学生用ボール)、6号球(女子中学生用ボール)での受験をご希望の場合はボールをご持参ください。
※使用するリングは正規の高さ(3.05m)となります。

*****

■申込み方法

申込み期間:5月22日(木)
※申込みは、保護者様からのご応募をお願いいたします。

【1】申し込みメールを送信
下記の記入事項を記載の上、bjacademy@bj-league.comまでお申し込みをお願いいたします。

【宛先】bjacademy@bj-league.com
【件名】公開テスト受験申込
【本文記入事項】
1 受験者氏名
2 フリガナ
3 生年月日(西暦)
4 性別
5 受験級(3級、12級のいずれか1つ)
6 合格時の掲載名(掲載しない、氏名で記載、7文字以内のニックネームのいずれか1つ)
※テストに合格した方はスキルアップテストのHPに名前が掲載されます。
7 保護者氏名
8 住所
9 電話番号(日中にご連絡可能なお電話番号の記載をお願いいたします)

【2】受付完了メールの受信
受付完了をお知らせするメールをお送りいたします。
募集定員により参加が出来ない場合は、別途メールにてお知らせいたします。

【3】案内状の受け取り
申込み後、テスト開催日の3日前までに受験票をお送りいたします。
当日の来場方法や注意事項を記載しておりますのでご確認ください。

【4】参加料支払い・受験
当日は保護者様と受験者でご一緒に会場にお越しください。
受付にて参加料をお支払いいただき、係員の誘導に従いテストの受験をお願いいたします。

【5】テスト結果の通知
テスト開催から2週間以内にテスト結果をお送りいたします。
合格した方には合格証と記念品バッジを贈呈、さらにはスキルアップテストのHPに名前、またはニックネームを掲載いたします。

★スキルアップテストHP

*****

【お問い合わせ】
一般社団法人bjリーグアカデミー
担当:木村・久保
TEL:03-5733-2680
mail:bjacademy@bj-league.com
住所:〒105−0013 東京都港区浜松町1-10-11 浜松町OSビル2階
記事検索
カテゴリー
バックナンバー
  • ライブドアブログ